fbpx

バレエとピラティスの関係性について

  • バレエとピラティスの関係性について はコメントを受け付けていません

この記事は1分で読めます

バレエは優雅で美しいダンスの一つであり、綺麗な舞踏を見せるためには運動能力や体力、柔軟性が欠かせません。そのため、バレエには様々なトレーニング法が存在しますが、その中でもピラティスは人気があります。しかし、ピラティスがバレエの上達に役立たないという声もあります。これはどういうことなのでしょうか?

ピラティスがバレエに役立つ理由
ピラティスは、バレエと同じように体幹を鍛えることができます。バレエにおいては、正しい姿勢を維持することが非常に重要です。しかし、長時間の練習や疲労によって姿勢が崩れてしまうことがあります。こうした場合、体幹が弱いと姿勢を維持することが難しくなってしまいます。このような問題を解決するためにピラティスのトレーニングを行うことで、体幹を鍛えることができ、バレエの姿勢を維持する力をつけることができます。
また、ピラティスは、バレエに必要な柔軟性を向上させることができます。バレエにおいては、美しいラインを作るために体の柔軟性が必要になります。ピラティスには、ストレッチングやストレングスエクササイズが含まれており、これらのトレーニングを行うことで、バレエで必要な柔軟性を身につけることができます。

ピラティスがバレエに役立たない理由
一方で、ピラティスがバレエに役立たないという意見もあります。それは、ピラティスとバレエの動きが異なるため、ピラティスのトレーニングを行ったからといって必ずしもバレエの上達につながらないからです。バレエには独自の動きがあり、それを身につけるためにはバレエのトレーニングをする必要があります。

結論
以上のように、ピラティスがバレエの上達に役立つかどうかは、そのトレーニング法の目的や内容によって異なります。ピラティスは、体幹を鍛えたり、柔軟性を向上させたりすることで、バレエの上達につながる可能性があります。ただし、ピラティスのトレーニングを行ったからといって、必ずしもバレエの上達につながるわけではありません。バレエの動きを身につけるためには、バレエのトレーニングが必要不可欠です。

当スタジオには、バレエピラティスを修得した教師である藤城彩子が大人の生徒さん、子どもの生徒さんの指導にあたっています。単に、バレエだけのレッスンをするのとは異なり、体作りについても配慮したレッスンが好評です。

  • 2023 03.02
  • バレエとピラティスの関係性について はコメントを受け付けていません

関連記事

  1. バランス
コメントは利用できません。

コンテンツ





タイムテーブル

LINEでお問合せ・バレエのご質問

友だち追加

お手本動画 ロシアバレエ1年生全15課題

お手本動画 ロシアバレエ2年生全25課題

お手本動画 ロシアバレエ3年生全24課題

YouTube再生リスト おうちdeバレエ団

各種一覧

からだ作り

おすすめ記事

福利厚生倶楽部

Googel マップ

地図